So-net無料ブログ作成
検索選択

ナチュラルホースマンシップ [ひとりごと]

 2009-10-31(Sat)
■引き馬をする時に、引き手を緩めずグイグイと力一杯引っぱっている姿をみると野蛮だなあと思う。
馬は押したり引いたりして動かすトロッコではない。
感覚と感情と意志を持つ生き物なのだから。
■モンティ・ロバーツの「Join-Up」と「馬運車への乗り込みトレーニング」の動画
何をやっているのか解説がないとわかりにくいと思うけれど…

日本語での解説は『馬と話す男』に詳しく書かれているので興味のある方はどうぞ。


「Join-Up」が完了したら、馬運車に乗り込む訓練もできる。

引き手を一瞬ぐっと引く瞬間はあるけれど、力任せに馬を引っぱたりはしていない。
たるんだ引き手のまま視線を落として馬と一緒に乗り込んでいる姿が正解。

馬が「この人についてくなら大丈夫」と思えれば引き手がなくてもついてくる。


馬と話す男―サラブレッドの心をつかむ世界的調教師モンテイ・ロバーツの半生

馬と話す男―サラブレッドの心をつかむ世界的調教師モンテイ・ロバーツの半生

  • 作者: モンティ ロバーツ
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1998/09
  • メディア: 単行本




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。