So-net無料ブログ作成
検索選択

814/815鞍目 桃源郷 [第19章]

 2009-09-25(Fri) 通算814/815鞍目
■秋晴れの気持ちのいい日。
通う道すがらも、陽のかけらがキラキラとして乾いた大気に乱反射している。
ススキの穂が伸びてきて風に揺らいでいる。
まさに乗馬日和。

■「私の通う乗馬倶楽部は桃源郷みたいだ」といつも思っていた。
高速道路を120km/hrで飛ばして出口を降りたら、くねくねとアップダウンを繰り返して田んぼと畑を抜けていく。
「ここから入るんだよ」と教えられなければ絶対見落とす生け垣の切れ目のような細い道を入って、個人の庭先のような所に出る。
パドックにいる馬の姿に気がつかなければ、誰もが「あっ間違えた」と引き返すだろう。
■周囲は畑とそれを取り囲む雑木林。
台地の上にあるので、木立の切れ間からは遠い風景が見渡せる。
倶楽部に植えられた緑の先に整然と広がる畑、そして色づき始めた柿の実や常緑樹、さらに向こうの森や空と、視線は遮られることなく伸びていく。
馬場の脇には大きく育った欅があって、差し掛ける枝の作る緑陰は涼しくて、馬にも人にもありがたいものなのだ。
この欅の傍から眺めると、馬場も厩舎もすべてが見渡せて、どこで誰が何をしているのがよくわかる。
こじんまりとしているけれど、逆にそれで緑の懐に守られている環境になっているのかもしれない。
■厩舎の前庭が馬場になっているから、道具手入れをしていても埒脇で立ち話をしていても、馬はすぐそこにいて様子をうかがうことができる。
馬房の近くを通るたびに彼らの視線を感じ「元気?」「なあに?」「そろそろお腹すいたね」と声をかけてしまう。
馬に乗る時だけの触れ合いではなく、倶楽部にいる間お互いの存在を感じ合っているのだ。
馬が道具ではなくて、心を通い合わせる相手なのだと心底思うようになったのは、こんな倶楽部の環境も影響しているのかもしれない。

■今日の午前中は【ろーざ】、午後は【ひなげし】
楽しく乗れた。
それで充分。
「よくできたね」「いい子だったね」「楽しかったよ、ありがとう」と馬の首を叩いてひらりと鞍から降りる瞬間を迎えられる幸せ。
先生は「いつでも基本に忠実に」「何がいい状態で何が悪いのかもう自分でわかっているのだから、いつでもいい状態になるよう気をつけていかなくちゃ」と言う。
答えは馬が教えてくれる。
スムースに気持ちよく動いてくれている時は、正しい。
思い通りに動かない時や違和感がある時は、人がどこか間違っている。
馬の邪魔をしていないか、馬に苦痛を与えてないか、馬の返事を待てずにいるのか、まず自分を振り返ってみなくてはね。

■深山幽谷の彼方に神仙の守りし里あり。
緑深く花鳥舞い、人と馬が心通わせ幸せに暮らす処なり。
その里を尋ねゆきても辿り着くものは極僅か。
 ーそんな桃源郷を降りなければならない日がやってきた。
神仙の守る里で遊んでいればあっという間に年月が経ってしまうから、必ず人の世に戻ってこなければというのがおとぎ話の定番。
里を振り返りふりかえり山道を行くとやがてその姿は霧の中に沈み、後日どんなに探しても入り口は見つかりませんでした… という物語の結び。
■終わりの始まりなのか、始まりの終わりなのか、万物は流転する。



nice!(1)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 13

chari

私も桃源郷を去るのはさびしいのですが、
きっとまた、いいところだと思います(^^)
新しいところで新しい良さを満喫しましょうよ!
by chari (2009-09-28 15:50) 

もちぇ

実感がわかなくて…
あの風景の中で馬に乗ることはもうないんですね。

by もちぇ (2009-09-30 16:44) 

バロン信之介

もちぇさん、
私は鈍いので理解できませんでしたが、
クラブを辞めちゃったんですか?

by バロン信之介 (2009-10-19 09:12) 

もちぇ

男爵閣下、ご心配いただき申し訳ありません。
クラブは辞めていませんが、次にいつ乗れるのかははっきりしていないのです。
あまりに急なことだったので、気が抜けたようになっています。
by もちぇ (2009-10-19 22:17) 

バロン信之介

良く理解できない。
快適な乗馬ライフを過ごしているようにお見受けしていましたが、、、。
そのクラブではもう終わり? それとも、乗馬からしばらく遠ざかる?
その理由は? これほどのブログを構築してきたもちぇさんが、そんなに急なことが起こるなんて??
by バロン信之介 (2009-10-26 23:27) 

さなえ

いろいろなご事情があるのかなぁ…とは思いますが、私をはじめとして、もちぇさんのファンはたくさんいるので、できれば、どういうことなのか、お差し支えのない範囲で、教えていただきたいと思います。
by さなえ (2009-10-28 15:04) 

もちぇ

みなさま、ご心配をおかけしております。
現在クラブは移転のため休業中なんです。
私自身が、突然の話でびっくり仰天!
移転先はほぼ完成しているのですが、今後どうなるのか?まだよくわかりません。
桃源郷の倶楽部は、ほんとうに現世から隔絶された夢のような所だったので移転先でも同じように乗れるとは思えないし…
考え出したら困惑、不安、期待といろいろ噴き出しそうで自分でも怖いです。
とりあえず今は馬に乗れないことを楽しんで、ぼんやりして過ごそうと思います。
by もちぇ (2009-10-28 19:59) 

saco

はじめまして。いつも楽しく読ませていただいております。長ーい間(三年ぐらい?)こちらをタダ見していました。読むたびいつも心がほんわかしたり、じんわりしたり、大ファンです。今回、もちぇさんが終わりの始まり・・・なんて書かれていてびっくりしています。
少しの間お休みされてもまた再開されることを願っています。そしてこのブログを続けてください。突然、閉鎖とかしないで下さいね。初めてのコメントで勝手なことを書いていますが、これからも楽しみにしておりますので・・・
どうぞよろしくお願いします。
by saco (2009-10-30 12:40) 

もちぇ

saco さん、はじめまして。
コメントおよび長きにわたるご愛顧ありがとうございます。
不穏なことを書くとどっとコメントが増えるという現象に少々戸惑っております。
未来のことはわからないので私自身が「これからどうなるんだろう?」とドキドキしているのが現状なんです。

ただ、"不安"ではなくて"ファン"という言葉に「きゃぴっ」と反応してしまいました。
そうか…長くブログを続けているとファンになってくれる方がいるんだ。おばさんが性懲りもなく続けているのを応援して下さる方がいるのだと。
ありがたいことです。

このブログを何とカテゴリー分けすべきか悩みますが、
『実録・駆歩恐怖症克服記』or
『中高年からののんびり乗馬ライフ』or
『どんくさおばさんの馬っかわいがり日記』
こんな感じでしょうかね。
時間とお金をつぎ込んだ証拠です。
どうか末永くお楽しみいただければ幸いです。
by もちぇ (2009-10-31 13:11) 

バロン信之介

なんとなく状況がぼんやりですが、分かりました。
すみません、事情も分からない者が、とやかく言ってしまって。
私も、50歳を過ぎて始め、もちぇさんは、目標になるお一人だと目していましたので、どうしても「なぜ?」とお聞きしたくなったのです。
by バロン信之介 (2009-11-04 18:30) 

もちぇ

いえいえ、お気遣いなさらずに…

今回の『失桃源郷騒動』は、あまりに突然で謎の多い移転休業宣言だったものですから、話を公にしてしまうのがためらわれたのです。
移転先でのクラブ再開のお知らせも届きましたので、近いうちに記事も書けるかと思います。
ただ、ちゃんと馬に乗れるか?とか、キュロットやブーツがはけるのだろうか?とか、日記が面倒くさくてかけなくなっているのでは?とか心配はつきません。

長く続けていると予期せぬ出来事にぶつかります。
その時、どう道を選ぶかで乗馬人生いろいろになるんですよね。
男爵閣下の末長いハッピーライディングをお祈りしております。

by もちぇ (2009-11-05 06:27) 

Sundy

あらら。
クラブの移転ですか。
急なお話だったんでしょうか?

私はもちぇさんの呼吸器系のアレルギー?が悪化して
乗馬は禁止!?になってしまったのかと心配しました。

クラブの移転なら、まぁ、そういう事もあるかと・・・。

私は18年の間にクラブは6つも経験していますから。
クラブを変わるとかそういうお話には驚きもしないんですけどね(笑)

クラブ移転後も、通えるところでしたらお続けくださいね。
一度中断すると、なかなか元のれべるには戻りませんから(苦笑)
by Sundy (2009-11-05 16:34) 

もちぇ

Sundy さん、いつも励ましのコメントありがとうございます。
この秋は、急な気温の上下や新型インフルの蔓延といった呼吸系の持病を抱える身としては、非常につらい季節となっております。なんとか、低空飛行で済んでいるんですけれど…

倶楽部は11月から移転先で再開しました!
まだクラブハウスなどは工事中で、馬場と厩舎の完成でとりあえずといった風情です。
敷地が広くなり馬場も本格的になりました。
基礎トレーニングだけでなく競技志向の方の練習にも充分応えられるつくりです。
それゆえ、これまでの倶楽部とは雰囲気も練習方法も変わってくるでしょうね。
それが、今の私にどう影響してくるのか?
中級者以上の競技志向の方が多くなれば、ついていけなくなるだろうし… これまでのような集中力を極限まで高めたシートレッスンというのは、環境的にやり難いだろうし… どうなるんだろう。
とりあえず様子を見ながらぼちぼちやりますです。

by もちぇ (2009-11-08 07:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。